Loading

文字サイズ

  • 通常の大きさ
  • 大きくする
  • 大阪府医師国民健康保険組合ホームへ
  • 加入・変更
  • 保険料
  • 給付
  • 保健事業
  • 各種様式ダウンロード

給付について

ホーム > 給付 > 療養の給付

療養の給付
こんなとき 医療機関にかかるとき

病気やけがで医療機関にかかった場合、被保険者証を提示し、一部負担金を支払うことにより、必要な医療を受けることができます。

自家診療の給付制限
当組合では、組合員・准組合員が開設、管理、または勤務する医療機関(同一法人、分院を含む)における、組合員・准組合員本人、および、その世帯に属する被保険者の診療(院外処方箋にかかる薬剤費等を含む)については、給付しません。

交通事故にあったとき
交通事故など第三者が原因となった負傷、または疾病で保険医療機関にかかった場合は、必ず速やかに当組合に届け出てください。医療費は加害者の全額負担が原則ですが、当組合が一時立て替えます。

一部負担金

被保険者の一部負担割合は次のとおりです。

年齢 全被保険者(組合員・准組合員・家族)(入院・入院外とも)
義務教育就学前 2割
義務教育就学後~69歳 3割
70歳~74歳
  • 2割(ただし平成24年3月31日までは1割)
  • 現役並み所得者は3割
(高齢受給者証に負担割合を記載している)
  • 70歳~74歳の被保険者の方には、所得状況に応じた一部負担割合を記した「高齢受給者証」を交付します。詳しくはこちらをご覧下さい。

この自己負担には一定の基準による限度額が設けられています。負担額が高額になった場合は、当組合に申請することにより、限度額を超えた額が高額療養費や療養附加給付金として支給されます。詳しくはこちらをご覧下さい。