Loading

文字サイズ

  • 通常の大きさ
  • 大きくする
  • 大阪府医師国民健康保険組合ホームへ
  • 加入・変更
  • 保険料
  • 給付
  • 保健事業
  • 各種様式ダウンロード

給付について

ホーム > 給付 > 高額介護合算療養費

高額介護合算療養費
こんなとき 世帯内での医療と介護の自己負担が高額になったとき

同一世帯内に介護保険受給者がいる場合に、高額療養費の算定対象単位で、医療と介護の自己負担(いずれも高額療養費等の支給があった場合はその額を除く)を合算し、この額が一定の基準(介護合算算定基準額)を超える場合には、超えた額が医療保険と介護保険の各保険者から支給されます。
申請に基づき支給しますので、該当する場合は当組合に申請してください。

  • 差額ベッド代や食事療養費標準負担額、生活療養標準負担額は対象外です。
  • 合算の対象になるのは、毎年7月31日現在、当組合被保険者である方の、前年8月1日から当年7月31日までの自己負担(他の医療保険の被保険者であった期間がある場合は、その期間の自己負担も含む)です。
  • 支給申請に当たっては、介護保険の給付を受けた市町村の介護に係る自己負担額の証明書、また、他の医療保険の被保険者であった期間がある場合は、その期間の医療に係る自己負担額の証明書等が必要です。
介護合算算定基準額(前年8月~当年7月分合計)
所得区分 介護合算基準額
70歳~74歳のみ 70歳未満を含む
現役並み所得者(70歳以上)
上位所得者(70歳未満)
67万円 126万円
一般 62万円 67万円
低所得Ⅱ 31万円 34万円
低所得Ⅰ 19万円
  • 現役並み所得者:自己負担割合が3割の方
  • 上位所得者:被保険者全員の基礎控除後の総所得金額が600万円超の世帯の方
  • 一般:他の区分以外
  • 低所得Ⅱ:被保険者全員が住民税非課税の世帯
  • 低所得Ⅰ:被保険者全員の住民税非課税かつ課税所得金額0の世帯